読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに長期投資で米国株

安定銘柄に投資しつつ分析もしていってます。1日1記事目標

ゼネラルモーターズ GM

世界三位の老舗自動車メーカー

 ゼネラルモーターズGeneral Motors Company, LLC)は、アメリカ合衆国自動車メーカーである。本社はミシガン州デトロイト。略称は「GM」。2009年6月1日連邦倒産法第11章の適用を申請し国有化された。2013年12月9日アメリカ合衆国財務省が保有するGMの株式を全て売却し国有化が終了した。

 

ゼネラルモーターズ - Wikipedia

 自動車は時代の特色を色濃く反映しているので、エコカーが今後も主流になり面白くないデザインのものが売れていくでしょう。乗用車よりピックアップトラックが強いです。

 

(ライバル企業)

Chrysler Gr.,Hyundai motor,Toyota Motor

(同業種の日本企業)

トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車富士重工

 

同業種内順位時価総額2位 売上高1位

同業種内順位時価総額1位 Ford Motor

フォードはユーロ、イギリスの割合が高いです。

 

(テーマ)

原油安、中国、アジア開拓、シボレー(各種自動車)キャデラック(’大型高級車)GMC(ピックアップトラックSUV)

 

S&P格付けはBBB-

f:id:yutoridesugax:20160630212129p:plain

 

 

f:id:yutoridesugax:20160711222059p:plain

f:id:yutoridesugax:20160711222124p:plain

 

f:id:yutoridesugax:20160711222145p:plain

 

f:id:yutoridesugax:20160711222207p:plain

 15.12の希1株益が上がっているのが目立ちますが本質的な業績好調によるものではなさそうです。EPSが上がっている年のEPS成長率は368.6%で当期純利益は62.7億ドルとほかの期に比べて高いです。

特別損益計上後当期純利益も62.7億ドルでこれが関係しているのでしょうか。

 米ゼネラル・モーターズGMは10日、多岐にわたるリコール(回収・無償修理)の費用が膨らんでいることから、1-3月期に13億ドルの特別損失を計上する計画だと述べた

 

f:id:yutoridesugax:20160711222239p:plain

 

 

f:id:yutoridesugax:20160711222758p:plain

AUTOMOTIVE自動車

 GMNA-GM north america

GMEーGM Europe

GMIOーGM operations 

米自動車販売:6月は強弱まちまち-トヨタは市場予想に反し減少 - Bloomberg

 

f:id:yutoridesugax:20160711223028p:plain

 

(企業概況)

世界三位の老舗自動車メーカーでキャデラック、シボレー、ビュイック、GMCのブランドを冠した中・大型車、SUV、トラックを展開。その他スズキのOEMによるオペルで欧州やコンパクトカー市場補完。2008年に77年間続いた世界一の座から転落。09年に経営破綻するが10年に再上場を果たすも大規模リコール問題を抱える。成長市場の中国に積極投資、キャデラックなど高級車に注力

(業績概況)

2015年通期は海外は南米が不振だったが柱の米国がガソリン安の恩恵を受け好採算のSUVやトラックの販売が好調。税還付あり純益は急反発した。16年はドル高や新興国懸念だが米国の回復基調の継続を想定しSUVやトラックの販売がけん引し営業利益は上向く見通し

チャート画像

ゼネラル・モーターズ【GM】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

ussto.com

金融危機や世界減速が生じると真っ先に影響を受けるのは住宅や自動車になります。消費税増税もそうですが消費縮小の影響は住宅や自動車などの高額の投資や消費に集中的に現れ経済成長で可処分所得が回復しない限りエコカー減税などの¥経済政策の効果は限定的なものになっていくでしょう。家計の支出は同率の縮小はしないので生活必需品などの日常生活支出の多くは必須性が大きく支出を縮小できないとなれば必然的に購入頻度の低い高額な耐久消費財の調整を余儀なくされるはずです。

 

テスラモーターズ TSLA - ユトリ世代の米国株

 配当利回りは高いですが少し不安な数字が目立ちます。

 

 猫のブログもしています。

レオの退屈な一日

 


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株 ブログランキングへ