読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに長期投資で米国株

安定銘柄に投資しつつ分析もしていってます。1日1記事目標

保険種類

保険会社は収益性が割と確保できそうですがやはり乱立しているので見極めが必要です。

 

 

 

 

f:id:yutoridesugax:20161012134132p:plain

 

見たところ乗合代理店が一番良さそうですが、

 

 

収益の仕組みは保険代理店が保険を販売すると保険料のうち一定割合が、代理店手数料として保険会社から支払われる仕組み

 

 

保険会社にとっては営業組織を持って固定のコストがかかるよりも保険契約に応じて手数料を支払うほうがリスクが少なく割安です。

 

それが安い保険でも売れれば必ず代理店手数料が入ってくるみたいなので連鎖的な紹介契約が生まれる仕組みだそうです。

 

複数の保険会社の商品を扱う保険代理店。「保険ショップ」「来店型保険代理店」とよばれることもある。特定の保険会社の商品のみを扱う専属代理店とは異なり、複数の商品を比べて顧客にあった商品を勧められるという利点がある。企業のセキュリティーが厳重になり、生保外交員の訪問による保険営業が難しくなるなか、2010年(平成22)ころから「ほけんの窓口」「保険クリニック」「保険見直し本舗」「みつばち保険ファーム」といった乗合代理店が急成長した。しかし、なかには顧客ニーズにあわなくても保険会社からの販売手数料が高い保険商品を勧める代理店があるとの指摘もあり、金融庁は2014年の通常国会に、保険会社や代理店に対し、顧客の意向に沿った適切な商品を提案するよう求める保険業法改正案を提出、同年5月に成立した。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株 ブログランキングへ