読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに長期投資で米国株

安定銘柄に投資しつつ分析もしていってます。1日1記事目標

マクドナルドのビジネスモデル

マクドナルドの収益は主に食品を占めますが不動産としての収益もあります。

チャート画像

マクドナルドはハンバーガー・ファーストフードのフランチャイズ経営を行う。主力ハンバーガーの他、サラダ、コーヒー等の各種ドリンクやデザートを提供し、メニューの拡大を推進。売上の内訳は直営店とフランチャイズ店から成る。事業は米国、欧州、アジア太平洋・中東・アフリカの地域別部門で構成。店舗数では「サブウェイ」に次ぎ世界2位。

「資産運用始めるなら!マネックス証券」

マクドナルドには、直営店とフランチャイズ店の二つの形態があることはよく知られている。フランチャイズ制を使い、積極的に土地活用を行うことにより収益を上げているのが注目点となる。サッポロビールや松竹など、創業の地として所有している土地の上に建物を建て、家賃収入を得るという本業を補完する不動産業とは異なる。この方式は、一般消費者を商売相手とするコンビニエンスチェーンにも同様に見ることが出来る。

 

あくまで売買ではなく賃貸やリース

フランチャイズ方式をもう少し細かく分類すると、2つの契約形態がある。コンベンショナル契約は、フランチャイズ店舗の経営者からロイヤルティーを受け取り、BFL契約は、ロイヤルティー以外に店舗に係る賃貸料を受け取る。いずれもマクドナルドにとって魅力的な安定収益源となる。さらに、上記のように経営リスクをフランチャイジーに転化することによって、収益基盤の安定化を増大することになるのだ。

朝マックの一日注文可などに改善する一方でこうしたリースとして半永久的に収益をあげる構造になっています。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株 ブログランキングへ