読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに長期投資で米国株

安定銘柄に投資しつつ分析もしていってます。1日1記事目標

ドルに賭けてみた

ドルが強くつまりドル買いが起きると思い取引してみました。

 ドルを買いユーロを売るというポジションをとりました。

 

ドルは大統領選もあり強いドルが掲げられユーロは問題が山積みでいずれは売られるだろうという観点からそうしました。

 

 

 以下私が質問したもの

EUR/USDにおきましては、ドル建てのお取引となります。

そのため、「新規で買う」ということですとユーロを買ってドルを売るということになり、ドルに対してユーロの価格が上がることで利益が生じます。
「売る」ということですと、ユーロを売ってドルを買うということとなり、ドルに対してユーロの価格が下がることで利益が生じます。

 

 

 

 

お問い合わせありがとうございます。
DMM. com証券 カスタマーサポートでございます。

ポジション必要証拠金に対する純資産額の割合です。
(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100
なお、証拠金維持率が50%以下となった時点でロスカットが執行されます。
ロスカットの詳細につきましては、下記URLをご参照ください。

また、マーケットクローズ時点で証拠金維持率が100%を下回りますと、追加証拠金が発生いたします。

 

 

 

強制決済とは保有しているポジションを強制的に決済することを指します。
強制決済が執行されるとその時点で生じている評価損益が確定されることになります。
そのため、基本的には一定額が残高として残ることになりますが、相場状況によっては強制決済のルールを以てしてもお預けいただいた金額以上の損失が生じる可能性がございます。

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともDMM.com証券をよろしくお願いいたします。

強制決済が実行される状況として、ロスカット執行時がございます。
(ロスカットは証拠金維持率が50%を下回った際に執行されます。)

例として1ドル=100円の時点で証拠金維持率が50%を下回る状況であった場合、1ドル=100円を配信した時点でロスカットが執行され、その時点の純資産が残高として残ることがあります。

しかし、101円→90円のように相場が急落した場合は、1ドル=90円でロスカットが執行されることになり、状況によっては残高がマイナスになってしまう恐れがございます。



 

 

 わからない場合はラインですぐにオペレーターが対応してくれるので重宝しています。


f:id:yutoridesugax:20160903154542j:image

 

 

 私はある程度中長期で持つ予定だったのですが雇用統計が予想より良くなかったためドルが売られる形となり証拠金が次々発生し維持できないためやむなく決済をしました。

 

米国株より難しいなと感じたのですがうまくすれば利益が取れる機会も

多いと感じました。

今はキャッシュバックもしているので一口試してみるものいいかもしれません。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
米国株 ブログランキングへ